E-Mag‎ > ‎2011‎ > ‎

第一回: さつき会-カガクシャネットワシントンDC地区 交流会

posted Jan 30, 2012, 12:18 PM by Yunke Song   [ updated Jan 30, 2012, 12:18 PM ]
第一回: さつき会-カガクシャネットワシントンDC地区 交流会

3/13(日)に、第一回目となる、さつき会DCと、
カガクシャネット ボルチモア-ワシントンDC支
部との交流会を、ワシントンDC デュポン サー
クルのレストラン Vapiano M Streetで本会、
Japoneseで二次会を、それぞれ開催いたしました。

さつき会メンバーで、カガクシャネット中心メン
バーとしてご活躍中の中山由実博士 (メリーランド
医学部)を筆頭に、さつき会側からは、幹部の日下部
裕美子氏(IADB)、久保友紀氏(丸紅)、Shinomiya Sumiyo氏
(IADB)と、カガクシャネット側からは、代表の山本
智徳博士(ジョンズホプキンズ大)、副代表の小葦
泰治博士(メリーランド薬学部)、ボルチモア-ワシ
ントンDC支部長の宋云柯氏(ジョンズホプキンズ大)
が参加。


当日さらに、両組織の幹部メンバーに加え、独立
行政法人 科学技術振興機構 (JST)ワシントン事務
所所長の大濱隆司氏や、ジョンズホプキンズ大学 
MPHプログラムへご留学中の厚生労働省の牧野
Tomohiko博士、ジョージタウン大学へご留学の外務
省の宮崎Atsushi氏にも、参加していただき、
女性の社会進出支援について、たいへん有意義な
意見交換も兼ねた、交流の場となりました。このたび、
多数の団体間での交流会が可能となったのは、仲介役
としての中西正泰鹿博士(ジョンズホプキンズ大学医
学部)のおかげで、この場をお借りして心よりお礼
を申し上げます。

今回の交流会により、さつき会DCと、カガクシャ
ネットとの間で、今後、協力関係を構築していく
上での、強固な礎を築くことができました。

また、さつき会DC幹部の日下部裕美子氏と、
カガクシャネット前代表の杉井重紀博士 (Duke-
NUS Graduate Medical School 助教授)が揃って、
今年度のU.S.-Japan Leadership Program(USJLP)
に選ばれたこともあり、両組織のさらなる連携
強化、これらのネットワークをさらに発展させ、
共同企画、イベントの開催へとつながることが
期待されます。

カガクシャネット運営事務局
Comments