E-Mag‎ > ‎2010‎ > ‎

理系大学院留学 ― アメリカで実現する研究者への道

posted Jan 30, 2012, 11:52 AM by Yunke Song   [ updated Jan 30, 2012, 11:52 AM ]
「我々が留学をした当時、こういう本があったらいいのに!」と思えるような本を目指して、全精力を尽くし執筆・編集した書籍が、本日発売されました。多くの異なる分野の留学経験者が執筆を担当し、「留学前の心構えや基礎知識」から、「実際に留学を目指すノウハウ」、そして「留学後を成功させる秘訣」などが満載で、貴重な一冊となりました。

アマゾンでの紹介ページ
アルク社での紹介ページ


内容は以下の通りです。


---目次---

はじめに

大学院入学までのスケジュール

Introduction: 知らないと損をする―アメリカ理系大学院のQ&A

留学用語の基礎知識


Part I 情報編

Chapter 1 世界で活躍する研究者を目指す
 Section 1 世界で活躍する研究者を目指す!
 Section 2 なぜアメリカの大学院を選んだのか
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3 / Case 4 / Case 5 

Chapter 2 注目される研究分野・研究者と求められる人材
 Section 1 生命科学(Life Science)
 Section 2 材料科学・工学(Materials Science and Engineering)
 Section 3 環境科学・工学(Environmental Science and Engineering)
 Section 4 情報科学(Computer Science) 

Chapter 3 アメリカの大学院教育―日本との比較
 Section 1 大学院のシステム
 Section 2 大学院のカリキュラム
 Section 3 大学院入試
 Section 4 大学院生のバックグラウンド
 Section 5 大学院生に対する見方・学生の意識
 Section 6 経済的支援
 Section 7 大学院修了後の進路
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3


Part II 実践編

Chapter 1 目標を明確にする4つのチェックポイント
 Check 1 なぜ留学するのか
 Check 2 留学のメリット・デメリット
 Check 3 修士・Ph.D. 課程の選択
 Check 4 興味のある研究分野を絞る

Chapter 2 情報収集をする ― 信頼のおける情報入手のノウハウ
 Section 1 インターネットを使った情報収集
 Section 2 コネクションを使った情報収集

Chapter 3 入学後を見据えて出願校を選ぶ
 Section 1 大学・プログラム選びのポイント
 Section 2 研究室・指導教官選びのポイント
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3 

Chapter 4 出願準備
 Section 1 入学審査の基本要件
 Section 2 出願書類作成のポイント
  成績証明書/推薦状/エッセー/CV・レジュメ
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3
 Section 3 出願関連テストのポイント
  TOEFL/GRE
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3
 Section 4 外部奨学金の獲得
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3
 Section 5 出願後から合否通知をもらうまでにすべきこと
 Section 6 合否決定のプロセス
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3 

Chapter 5 合格通知取得後
 Section 1 入学校の選定
 Section 2 入学辞退を伝える
 Section 3 渡航準備
 Section 4 プログラム開始前の準備
  体験談:Case 1 / Case 2 / Case 3


Part III 世界で活躍する研究者からのメッセージ

Interview 1 小柴昌俊
Interview 2 安田涼平
Interview 3 鳥居啓子
Interview 4 黒川 清・岩瀬公一
Interview 5 石井 裕
Interview 6 篠原眞理
Interview 7 浅田春比古
Interview 8 北澤宏一・東原和成


参考情報

書籍・出願書類(推薦状サンプル / エッセーサンプル / レジュメサンプル)

著者紹介

アマゾンでの注文はこちら
アルク・オンラインショップでの注文はこちら

留学本・特設ページはこちらへ

Comments