E-Mag‎ > ‎2010‎ > ‎

【海外サイエンス・実況中継】中国人のアメリカ留学

posted Jan 30, 2012, 12:14 PM by Yunke Song   [ updated Jan 30, 2012, 12:14 PM ]
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/ 『海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継』
_/ November 2010, Vol. 53, No. 25
_/ カガクシャ・ネットワーク → http://kagakusha.net/
_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


引き続き、11月を担当させていただく、メリーラ
ンド大学薬学部 の小葦泰治です。さて今回も、前回
同様、ジョンズホプキンズ大学Biomedical Engineering
Ph.D.プログラムに在籍中の宋云柯(そう うんか)
さんが、中国人に留学生が多い、理由、文化的背景、
また日本の現状、問題点、彼なりの解決法、米国の
Ph.D.に参加することで、日本では得られないメリッ
トなどを、わかりやすく要点を抑えて執筆してくださ
いました。


留学を志す方々に加えて、大学で研究、教育に関わる
方々にとっても、非常に有益な情報だと思います。


メルマガについて、ご意見などございましたら、カガク
シャネットホームページ経由、 Eメールでもご連絡をお
待ちしております。今後配信して欲しい内容や、その他
の要望などもお待ちしております。http://kagakusha.net/


私たちの最新著書、理系大学院留学(アルク社)
http://kagakusha.net/alc/ につきましても、手に取り
ご覧になっていただければ幸いです。どうかよろしく
お願い申し上げます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国人のアメリカ留学
宋 云柯 (そう うんか)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


カガクシャ・ネット、メルマガ購読者の皆さま、
こんにちは。The Johns Hopkins University Department
of Biomedical Engineering 三年目の宋です。今週のメ
ルマガは「中国人のアメリカ留学」というトピック
で、私の日中米の研究や教育についての意見を、気
ままに書かせていただきました。私は北京で生まれ、
6 歳のとき日本に移り、その後日本で小、中、高、
大学の教育を受け、アメリカに留学しました。日本に
来てからも、両親から中国の文化と思想を学び、毎年
中国に帰っては、友人や親戚とよく話をし、中国のこ
とを理解しようと努力して参りました。このメルマガ
に書かせていただいたのは、経験と聞いた話に基づく
自分勝手な意見ばかりで恐縮ですが、お付き合いいた
だければと幸いです。


◆科挙の国、中国。

留学を志されている日本人の方の間には、「中国人は
死ぬほど勉強する」(または「中国人の GRE スコア
は異状に高い」)というイメージを持っている方がい
らっしゃるかもしれません。中国人の学歴・出世に対
する情熱は、何も現代だけでなく、中華の歴史を通し
て顕著に現れています。隋朝(598年)から清朝(1905
年)まで続いた科挙という官僚試験は、昔の中国国民
が、よりよい暮らしをするための唯一の手段でした。
そこで親は、子供に勉強の大切さを説き、一家の希望
として科挙を受けさせました。倍率は 3000 倍とも言
われ、受験合格者があまりのうれしさに発狂して廃人
になってしまうこともあったといいます。王朝が変わ
り、時代が変わっても、中国人の学歴・出世に対する
情熱は、「万般皆下品、惟有読書高(ただ読書のみが
尊く、それ以外は全て卑しい)」という言葉と共に
1300 年間、変わることなく受け継がれてきたのです。


◆現在の中国の受験

人口が増え続け、競争がますます激化している現在
の中国において、科挙に取って代わる難関試験は、
北京大学・清華大学の受験でしょう。中国の大学受
験は、各省の統一試験ひとつの成績ですべてが決ま
ります。例えば、清華大学は 2010 年に河南省に 72
名の合格枠を振り当てましたが、一億人の人口を誇
る河南省で上位 72 名の成績に入ることの難しさは、
いうならば、日本全国の高校三年生がもれなく参加
する全国模試で上位100位以内に入ることぐらい、
といえるでしょう。


◆アメリカ留学 ~更なる高みへ~

難関を潜り抜けてきた精鋭が大学受験後にほっと
一息つけるかというと、そうでもありません。清
朝以来、「欧米に追いつき追い越せ」の姿勢をと
り続けてきた中国人は、今でも根強い欧米へのあ
こがれを感じています。そのためか、中国のトッ
プで満足せず、世界のトップになってこそ出世だ
という考えが、中国社会では一般的に見られます。
例えば、中国の新聞の広告には受験関係のものが
異常に多いですが、内わけは留学関係と大学受験
関係が半々であるように思います。雑誌でもアメ
リカ名門大学についての記事はよく見られますし、
GREやTOEFL の練習本や留学塾の数も非常に多
く、社会全体がアメリカ留学を学業の最終目標と
して掲げているように思います。その結果、現在
世界でアメリカの Ph.D. をもっとも多く排出して
いる大学が清華大学、二位が北京大学、そして三位
にやっとアメリカの UC Berkley となっています。
つまりアメリカの大学よりも、清華大学、北京大学
の方が多くアメリカ大学院で Ph.D. を取る卒業生を
送り出しているということになります。


◆中国のサイエンス

中国経済と社会システムが成長するにつれて、Ph.D.
取得後に中国に戻る留学生はどんどん増えると考え
られます。これは中国のサイエンスおよび工業の急
激な発展を意味しており、アメリカや日本にとって
は一つの脅威となるでしょう。例えば、論文数ラン
キングでは2007年に中国が日本を追い越して世界
第二位になり、その後も急激に上がり続けています[1]。
また、Nature が発表した Science and the City とい
う記事でも、中国(特に清華大学および北京大学が
ある北京市)の論文数の異常な増加は明らかであり、
その速度は年々ましているようにも思えます [2]。


◆日本の現状

日本は Science においての世界での地位はかなり高く、
多くのよい論文を出している国です。しかし日本が少
子化・ゆとり教育による理系離れ・博士の就職難など
の問題を抱えていること、また Science に対する日本
政府のサポートが足りないことも事実です。それでは、
アメリカのような超大国や中国のような新興国に対抗
し、国際的なサイエンス社会において日本の競争力を
さらに引き上げるためには、どうすればよいのでしょ
うか。

日本は「ポスドク一万人計画」によって、博士の数を
すでにかなり増やしています。サイエンスの結果は、研
究者の数×研究者の質で決まるとして、博士の数をこれ
以上増やしにくい日本にとって、博士一人ひとりの質を
保つ、またはさらに向上させることがきわめて重要であ
るように思います。これはあくまで私の意見ですが、博
士課程で留学することは、研究者として成長するいい機
会であると思います。その理由は、

1: 世界をみることで、いい刺激をもらえること。世界
中から集まった優秀な学生や研究者と共に学ぶことで、
自分の未熟さを知ると共に、高い目標を持ちやすくなり
ます。

2: プレゼンテーションやトーク等の技術が上達するこ
と。アメリカに来て知ったことは、自分の意図をうま
く表現して読者・視聴者に伝えることは、実験でよい
結果を得ることと同じくらい重要であるということで
す。アメリカの学生や教員は表現に長けているので、
彼らから学ぶことは多いように思います。

3: 英語がよく身につくこと。グローバル化した現在の
社会で活躍するには、英語を身につけることは must です。

4: 日本を出て、新しい環境での勉強・研究生活を送る
ことで、人間としての行動力が上がること。

などが挙げられます。日本には、忍耐力、勤勉さ、独
創性などのすばらしい素養を持った学生がいっぱいい
ます。そのような方々が勇気を持って世界に出て行き、
どんどん活躍することができたら、日本のサイエンス
や工業はもっと成長するのではないかと、私は思いま
す。


________________________________

[1] With output and impact rising, China’s science surge rolls on
http://sciencewatch.com/ana/fea/08julaugFea/
[2] Science and the City
http://www.nature.com/news/specials/cities/best-cities.html
________________________________


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自己紹介
-----------------------------------

宋云柯 (そう うんか)
慶應大学理工学部生命情報学科卒業。現在、アメリカ
東海岸のJohns Hopkins University,School of Medicine,
Department of Biomedical Engineering Ph.D. 課程
に所属マイクロ流体工学、一分子蛍光検出に関する研
究に従事。
専門分野:生体工学


小葦泰治
関西大学工学部生物工学科卒。京都大学大学院生命科
学研究科修士課程中退。Mount Sinai School of Medicine
of New York University (Ph.D.)。現在、University
of Maryland School of Pharmacyにて、世界第4位のス
パコンKrakenなどを用い、創薬ならびに、実験では解
析の難しい病気関連タンパク質の原子レベルでのシミュ
レーション研究に従事。また科学技術政策にも興味があ
ります。
専門分野:生物物理、計算機化学、分子シミュレーション

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
-----------------------------------

留学とは関係ありませんが、大学一年時、二年時から
研究室に入って何か実験を始めるのもいいかもしれま
せん。アメリカにはそういう学生が多く、みな博士課
程に入るころには経験豊富でばんばん実験ができる研
究者になっています。私も早めに研究室に入っていた
らよかったのに。。。といまさらになって思うので
した。(宋)

スーパーコンピュータの最新ランキングがこの11月
に発表されました。様々な指標(演算処理、消費電力
など)でのランキングが発表されています。演算速度
だけで見ると、中国が1、3位にそれぞれ1秒間に
それぞれ2556兆回、1271兆回の浮動小数点ができ
ます。米国は2位、日本は4位(1192兆回/秒)が最高
です。ただ省エネ部門、また別のマシーンですが、
自分たちがタンパク質のシミュレーション計算で用
いる、高速フーリエ変換では健闘していて、まだま
だ捨てたものではないと思いますが、開発にまつわ
る付随技術の開発、次世代の人財育成、応用研究の
促進、すべてにおいて世界1位になる意義は、科学
技術立国を掲げる日本にとっては、非常に大きな意
味を持つので、日本政府の関係者のみなさまには、
長期的な視野に立ち、目先のことに惑わされず、こ
れからの日本に本当に何が必要なのかを熟慮し、政
策および、予算を割り当てられることを、スパコン
を毎日利用する、現場の研究者として、強く望みます。
(小葦)


━━━━━━━━━━━━━━━━━
カガクシャ・ネットワーク http://kagakusha.net/
(上記サイトで無料ユーザー登録後、バックナンバー閲覧可)
発行責任者: 杉井 重紀
編集責任者: 小葦 泰治
メールマガジンの登録と解除:
http://www.mag2.com/m/0000220966.html
ご連絡はこのメルマガに「返信」または以下のページから:
http://kagakusha.net/Mailform/mail.html
友人・お知り合いへの転送は自由ですが、無断転載は禁じます。
転載ご希望の際は必ずご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
Comments