E-Mag‎ > ‎2009‎ > ‎

留学セミナー&公開インタビュー・イベント:成功のうちに終わりました

posted Jan 30, 2012, 11:47 AM by Yunke Song   [ updated Jan 30, 2012, 11:47 AM ]
12月13日にカガクシャネット主宰で、「第二回留学セミナー&公開インタビュー」が行われました。

告知したのが比較的急で、日曜日にも関わらず多くの方々に参加いただき、ありがとうございました。
おかげさまで、成功のうちに無事終えることができました。

第一部では、まず山本がアメリカでの大学院留学生の動向についてお話し、杉井がアメリカ大学院プログラムについての基礎知識について紹介、それから斉藤の司会進行で、カガクシャネットの中心メンバー5名が、留学について皆さんから質問いただいた点について、詳しくお答えしました。

第二部は、理系留学経験者への公開インタビューを行いました。北澤宏一博士と東原和成教授のお話は、科学技術の第一線で活躍されているだけに、たいへん参考になる内容でした。当日のインタビュー内容は、来春に発刊を目指しているアルク社「理系大学院留学を実現する方法(仮称)」、およびこのウェブサイトでも掲載していきたいと思います。またアナウンスをいたします。

当日の参加者アンケートで様々な要望や、満足だった点、不満だった点を教えていただき、今後のイベントに生かしたいと思います。特に、限られた時間で多くのことを詰め込んだので、フォローしきれない面もあったでしょう。これから、当日紹介したスライドや内容をこのサイトに載せていくようにします。

セミナーのあとの懇親会は、日曜であったことと、終了後時間が空いてしまったこともあり、比較的少数で行われましたが、逆に密度の濃い「ここだけの」お話を色々とすることができたと思います。参加してくださった皆様、ありがとうございました。こういったことに積極的に参加される方々は、これからの留学の実現、きっとうまく行くに違いないでしょう。

オーガナイザー:
杉井重紀  ソーク研究所、カガクシャネット代表
山本智徳  ジョンズホプキンス大学、カガクシャネット副代表
斉藤広隆  東京農工大学、カガクシャネットエグゼクティブメンバー
本澤真太郎 東京農工大学国際センター
小暮貴子  (株)アルク











Comments