E-Mag‎ > ‎2008‎ > ‎

【海外サイエンス実況中継・特別編】 科学英語についての特集

posted Jan 30, 2012, 11:17 AM by Yunke Song   [ updated Jan 30, 2012, 11:17 AM ]
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/
_/ 『海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継』
_/ March 2008 Supplement
_/ カガクシャ・ネットワーク → http://kagakusha.net/
_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



このメルマガでは、来月から新テーマが始まる予定ですが、今回は【特別編】
として、「科学英語」のテーマをお送りします。カガクシャネットワーク・
メンバーでもあるタフツ大の今村さんが、ボストン在住の研究者向けに書か
れた、科学英語についての考察を、カガクシャネットにも提供してくださる
ことになりました。許可を得て、そのダイジェスト版を送ります。研究者で、
英語の論文を書くという方々に、参考になると思います。詳しくは、
kagakusha.netのウェブ上で本文を載せてありますので、興味のある方は、下の
文中のリンクを訪れてみてください。
(杉井)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



こんにちは、タフツ大学にて栄養疫学を勉強している今村文昭です。専門
とは異なりますが、ザックバランなコラムということで、科学英語について
触れてみたいと思います。

私の科学英語に対する興味の発端は、私のボスが告げた以下のことがありま
す。

「最近は、PCのおかげで簡単に英文が書けてしまう。以前は、非常に骨の折
れる作業だったので、効率よく書けるようにと、パラグラフの構成やトピック
センテンスの考察など、執筆前の準備に時間をかけた。今の科学者はそうした
時間を割かずに執筆し始めてしまうケースが多いようで、良い文章を書くこと
ができる科学者が減ってきている。」

科学者が書く英語の質の問題がどの程度か存じませんが、英語を母国語とする
研究者にとっても問題となる事柄があるようです。そうした点を論じた本や
学術論文が古くからありますので、ここで紹介させていただきたいと思います。

・・・

良い科学英語論文の書き方とは?
続きは以下から!

第1回:科学英語に関して
http://kagakusha.net/modules/weblog/details.php?blog_id=70

第2回:科学英語に関する本と論文の紹介
http://kagakusha.net/modules/weblog/details.php?blog_id=71

第3回:科学英語に関して:科学英語の科学
http://kagakusha.net/modules/weblog/details.php?blog_id=72

第4回:科学英語に関して: 哲学者による分析
http://kagakusha.net/modules/weblog/details.php?blog_id=73

第5回:科学英語に関して: 統計学者からのアドバイス
http://kagakusha.net/modules/weblog/details.php?blog_id=74

まとめて読む ->
http://kagakusha.net/modules/weblog/index.php?user_id=0&cat_id=8




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カガクシャ・ネットワーク http://kagakusha.net/
(上記サイトで無料ユーザー登録後、バックナンバー閲覧可)
発行者: 杉井重紀
メールマガジンの登録と解除: http://www.mag2.com/m/0000220966.html
ご質問・要望・感想等はこちら: http://kagakusha.net/Mailform/mail.html
連絡先: staff@kagakusha.net (@を@に変換してください)
友人・お知り合いへの転送はご自由にしてください。
ただし、無断転載は禁じます。転載ご希望の際は必ずご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Comments