E-Mag‎ > ‎2007‎ > ‎

新メールマガジンについて

posted Jan 9, 2012, 8:42 AM by Yunke Song   [ updated Jan 9, 2012, 9:02 AM ]
科学技術のブレークスルーが未来の社会を変える!?
新メールマガジンが発行されます!

自分たちの生活や仕事に、とても身近なことなのに、多くの人にとっては、
それがどう成り立っているのか、どう発展していってるか分からない・・・
それがサイエンスとテクノロジーではないでしょうか?

しかしこれからは、世界を相手に活躍する、ビジネスマンの方も経営者の方も、
ますます幅広い理系の知識を持って、生きて行かなければならない世の中に
なってきています。

研究者・科学者であっても、自分の専門分野という限られた枠だけでなく、
その外で起こっていることを多く知っていれば、新たな発見への道が開かれる
かもしれません。

そこで、最先端のサイエンティスト教育と研究環境を誇る、米国理系大学院で、
それぞれの専門分野で教育を受け、現在米国内で活躍中の次世代を担う27人の
日本人科学者たち*(代表: 杉井重紀博士)が、日常生活に深く関わっている、
最先端科学技術のあらゆる分野の情報を、現状と、近未来の姿に分けて、
一般の方向けにわかりやすく紹介し、2週間に一度お届けします。

http://www.mag2.com/m/0000220966.html



一部の内容を抜粋すると、、、

・メタボリック・シンドロームって、具体的にどんな病気?
・心をコントロールするホルモンってあるの?
・コエンザイムQ10と、ポリフェノールって本当に効くの?
・効率よい太陽電池ってできるのか?
・私たちが踏んでいる「土」の偉大な秘密
・生命の現象をコンピュータで再現できる?
・ダイオキシンなどの汚染物質にさらされた土壌を、きれいにする「法則」
・私たちの体は「時計遺伝子」によって支配されている?
・病気に負けない「最強のイネ』を作り出す秘訣
・ロボットに手術されたり介護される時代が来る?
・「微生物」って我々の味方、それとも敵?
・ガンに対するワクチンって何?
・私たちを構成する細胞を形づけているのは、実は油の成分だった?
・働く人に優しい職場作りを研究するサイエンスとは?
・日本人が大活躍「ナノテクノロジー」の驚くべき可能性
・味を感じるセンサーや、匂いを感じるセンサー付きの携帯電話ができる?
・家事の順序、渋滞フリーの道路作り、効率よい工場生産、すべてコンピュータで解決
・「一つの問題の解決は新たな問題の始まり」である数学の公式
・クリーンで安全な、新しい「核融合」でエネルギー問題を解決
・「航空宇宙工学」と「デザイン」との関係
・われわれの生活に密着している、「環境ホルモン」とのつきあい方


また、最新の研究紹介以外にも、理系分野でアメリカの大学院に行くことを
なぜ選んだのかなど、海外の大学院教育の現状、現地での生活を紹介していきます。

メールマガジンの登録はもちろん無料です。
近未来の科学の姿を通じて、自分の知っている世界を広げていって下さい。

http://www.mag2.com/m/0000220966.html


*主なメールマガジン執筆者の所属機関:

イリノイ大学、アーバナシャンペーン校 (UIUC)
カーネギーメロン大学
カリフォルニア工科大学 (Cal Tech)
カリフォルニア大学、バークレー校 (UCB)
カリフォルニア大学、サンフランシスコ校 (UCSF)
ジョンズホプキンズ大学
ダートマス大学
ニューヨーク大学 (NYU)
バンダービルド大学
ペンシルバニア大学 (Penn)
ボストン大学 (BU)
(50音順)



◆メールマガジン名:
海外の大学院留学生たちが送る!サイエンス・実況中継

◆発行元:
まぐまぐ!

◆配信開始時期:
2007年2月から。現在購読のための登録を受付中。

◆登録・解除方法:
ホームページ http://kagakusha.net/ からの登録及び、解除 (購読料: 無料)

◆発行責任者:
杉井重紀 (米ソーク研究所博士研究員)

◆問い合わせ先:
staff@kagakusha.net (@[email protected]


小葦 泰治 (Kagakusha ネットワーク、エグゼクティブメンバー)
Mount Sinai School of Medicine of New York University
Comments