このページでは、参加者の皆様から頂いたコメントを掲載しております。
メディア

大学開国 東大でも定員割れ 知の国際競争、脱落危機 第4部 沈む大学院

若者は海外に目を向け始めている。7月,欧米の理工系大学院への留学経験者でつくる「カガクシャ・ネット」が開いたシンポジウム。「このままだとノーベル賞もとれなくなる。世界に出てやりたいことを貫いてほしい」。安西祐一郎日本学術振興会理事長の話に100人近い学生らが真剣な表情で聞き入った。研究者の卵たちの意欲を受け止められない大学院は沈んでいくだけだ。日本経済新聞(2012/8/21 一面)



***************************************************************************************************************************************************************************** 

フィードバック

*****************************************************************************************************************************************************************************
(アルク出版社 小暮様より)

日曜日はとても充実したセミナーになり、参加させていただいたことを心より感謝しております。

基調講演やみなさんのご説明も、内容が濃く、時間を忘れて聞き入ってしまいました。
私もこれまで何回かほかの留学セミナーに参加してきましたが、今回の充実度は群を抜いていました。
ポスターセッションも、参加者のみなさんが熱心に見て回られており、時間が足りないくらいの感じでしたね。
参加者と主催者のみなさんの熱気が、セミナー全体を通じて伝わってきて、日本の将来に希望が見えてきました。

当日はバタバタしていて、ひとりひとりのスタッフの方々とお話しする時間がありませんでしたが、
ここまでのご準備は非常に大変だったことと思います。改めてお礼を申し上げます。

今後とも、ぜひよろしくお願いいたします。

*****************************************************************************************************************************************************************************