「研究留学のすゝめ」発売記念座談会・参加者の声 (3/19/2017)

posted Mar 30, 2017, 5:39 AM by Akihiro Eguchi   [ updated Mar 30, 2017, 5:40 AM ]

3月19日に海外留学後のキャリアをテーマに留学指南本「研究留学のすゝめ」発売記念オンライン座談会を開催いたしました。

※UJAとカガクシャ・ネットがコラボして書き上げた留学本「研究留学のすゝめ!」。基本的にはポスドク留学を対象とした本ですが,カガクシャ・ネットは「第15章 大学院留学のすゝめ」を執筆しています。本の目次や内容の一部は以下のリンクから確認可能です:http://www.kagakusha.net/news/xinzheyanjiuliuxuenosusumefamai

今回は第15章の執筆者兼カガクシャ・ネット代表の武田祐史博士をお招きしてオンライン座談会を開催しました。

以下が参加者の方から寄せられた感想です。次回座談会は留学相談会を考えております。他にもこんな座談会を開いてほしい、等ご意見ありましたら、いつでもカガクシャネットへご連絡ください


参加者の声

私は、まずは修士での留学を目指していますが、博士で研究留学にも興味を持ちました。同じように受験に向かって頑張っている人の刺激も受け、奨学金の申請など、これから始まりますが、気を引き締めて、頑張っていきたいと思いました。

どうもありがとうございました。

(Y.Tさん)

 

今回は自分にとって本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

自分の周りに学位留学をしている人があまりいなく、学位留学の情報を集める術が本やネットからだったので実際に生の声を聞くことができたのはとても良い経験になりました。

A.Wさん)

 

いつからどのような準備をしていたのか、何が合格可能性を上げ得るか、留学してよかったことや大変だったことなどを聞け、留学の準備やその後の事をより具体的に知ることができたと思います。カナダ留学についても聞くことができ、意外とアメリカ等とは違う点もあるということが分かったのもよかったです。

(H.Uさん)


カガクシャ・ネット オンライン座談会のトップページへ

Comments