オンライン座談会「留学なんでも相談」・参加者の声 (7/5/2014)

posted Apr 18, 2015, 9:10 AM by Akihiro Eguchi   [ updated Apr 18, 2015, 9:25 AM ]
Ph.D留学をしていらっしゃる先輩方のお話をお聞きして、研究の世界は本当に甘くないと実感しました。自分はまだ学部二年生なので、時間をかけて自分の進路についてよく考えてみようと思いました。海外大学院への進学という選択に対して真摯に向き合い、あらゆる面からもう一度考え直してみようと思いました。 (日本 大学2年生)


留学についての一般的な情報は他の所でも入手できますが、自分の専門の分野について何か知りたいとき、その分野に詳しい留学経験者でないと答えられないことがよくあると思います。座談会では自分の進みたい道ですでに成功を収めている留学経験者が何人もおられまして、詳しくお話を伺うことができました。また、留学についての不安やささいな質問にも丁寧にご回答をいただけました。留学経験者の先輩方、座談会のオーガナイザー皆様、本当にありがとうございました。


PhDを取ることで、どのようなキャリアが拓けるのか。どのような能力を身に着けることが出来るのか。そして、PhD出願、取得のためには、どのような頑張りが必要なのか。
書籍、ネットで出回っている一般的な情報だけでは分からなった、こうした数々の疑問に対する先輩方の貴重な生の声、アドバイスをたくさんお聞きすることができました。
おかげ様で、PhDという全く未知の世界への不安が和らぐと同時に、日本を飛び出して、世界にチャレンジしたい気持ちがますます強くなりました。
大多数の理系学生が日本の修士→日本で就職という道を選ぶ中、あえてPhDという少数派の道を進むことの意義、厳しさ、そして大きな可能性を知ることが出来ました。
ご多用の中、貴重な時間とエネルギーを割いて、私たち未経験者に快くアドバイスをして下さった留学経験者の皆様に、心から感謝を申し上げます。


カガクシャ・ネット オンライン座談会のトップページへ

Comments